妊娠二人に必要な検査をして?

今では多くの適齢の父と母が二人目を計画し始めた。

今回は妊娠前検査についてご紹介しますが、妊娠前検査は特に重要です。

1、内分泌検査。

内分泌検査は主に内分泌のホルモン検査、甲状腺機能検査などを行い、FSH卵胞刺激ホルモン、卵巣機能検査試薬と骨盤超音波検査などを用いて卵巣の機能性を評価する。早発性卵巣の有無などを検査することは,加齢準母に重要な意義を持つ。

2、婦人科の検査。

婦人科検査は主に骨盤炎による疾病及び膣病原菌感染の問題を排除するため、相応する婦人科検査と膣分泌物の検査を行う。これにより、再妊娠後に子宮外妊娠や嵌入胎盤、前置胎盤などの問題が発生する可能性を低下させ、準母と胎児の健康を最大限に保つことができる。

3、染色体の検査。

染色体に異常が出現すると,高齢産婦の卵子の質が相対的に悪くなり,さらに胎児に奇形が生じる確率が高くなる可能性がある。特に,準母の前回の妊娠で反復流産があった場合には,染色体の検査には注意が必要であり,最も大きな原因から胎児奇形の出現を回避する必要がある。

4、抗体検査。

抗体検査は主に狼瘡因子,抗レシチン抗体,精子抗体,抗子宮内膜抗体などを検査しており,これらは妊娠や流産に影響を与えるためである。

5、男性の精液検査。

準お父さんも検査をしなければならないが,その中で最も重要な検査は男性の精液検査であり,この検査の目的は受胎が有効であることを確保することである。病院に行って検査するのが恥ずかしいと思ったら,精子密度検査試薬を使用して自宅での楽しいセルフテストを行うこともでき,病院が最も直接的な方法であることはいうまでもない。

6、血液型とR H検査。

これは夫婦とも検査が必要で,rh系の溶血を排除し,妊娠3カ月前から検査を開始することを目的としている。

二人目を準備している多くの夫婦にとっても、モチベーションは入念な検査に依存しなければなりません。第二子の検査をしてこそ、準母と胎児の健康な成長を保証して、満足の結果を得ることができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です