B型超音波をすると本当に胎児を傷つけてしまうのでしょうか?

妊婦はすべて知っていて、妊娠期間中に出産検査中に超音波という検査の一環を手配します。妊婦の多くは、超音波が胎児の健康に影響を与えるという話を聞いたことがあるので、超音波スキャンをしているときは、不安な気持ちを抱いています。では、超音波検査をすると、胎児の健康に影響するのでしょうか?超音波スキャンをするとき、何に注意すべきでしょうか?

超音波検査は超音波で胎児の発育状況を監視することで、妊婦と医師が胎児の発育が健康であるかどうかを正確に把握することができ、その時間帯の健康状況に適合するかどうかを把握することができる。しかし、超音波検査であるため、多くの妊婦はこの検査が胎児に悪影響を与える恐れがあり、その結果、この検査を拒否し、胎児の発育状況を迅速に把握できない。

妊娠期間中、定期出産検査では3回の超音波検査を要求し、それぞれ妊娠18―30週、妊娠28―30週及び妊娠37―40週である。第一回目の超音波検査の目的は胎児が単胎か多胎かを調べることである;第二回超音波検査は排検査である;第三回超音波は分娩前の評価である。

正常なプログラムと数量による超音波スキャンを行っても、胎児に悪影響を与えない。しかし、超音波の進行が早すぎるか、毎回の時間が長すぎると、胎児の健康状態に危害が及ぶ可能性が高い。したがって、超音波スキャンをする場合は、医師の指示に厳しく従うようにして、絶対に勝手に検査をしてはいけません。

では、妊婦が超音波スキャンをするとき、どのようなことに注意する必要がありますか?

1、勝手に超音波検査をしない。

現在、多くの妊婦が早く胎児の性別を知りたい、あるいは自分の体の調子が悪いと感じて、そこで主に超音波スキャンを要求するのは誤りで、勝手に超音波検査をすると妊婦と胎児の健康に深刻な影響を与える。

2、超時間は長くしてはいけない。

毎回の超音波スキャンの時間は20分以内にコントロールして、特に妊婦が病気などの体調が悪い場合、超音波の時間はもっと短くします。

3、操作は正しくなければならない。

妊婦はB型超音波を行う際に必ず正規病院を選択して正規操作を行う必要があり,スキャンしたプローブが長時間同じ位置に留まると,胎児の脳の発達が損なわれる可能性がある。

4、Bは前を向いて、ガスの食品を食べないようにしなければならない。

妊婦はBの前を向いているので、膨張しやすい食品を食べないように注意してください。そうしないと超音波の透過能力に影響が出て、超音波の画像は不使用になります。

5、Bを先にして状況を知る。

妊婦は、超音波スキャンをする前に、尿を我慢する必要があるかどうかなどについて知っておく必要があります。そうしないと、検査が遅れたり、検査回数が増えたりして、胎児の健康に影響を与えます。

6、気持ちをリラックスする。

妊婦は超音波スキャンをする時、できるだけリラックスして、医者の仕事に積極的に協力して、検査の結果に影響を与えないようにしなければならない。そのため、正常な時間、正常な頻度で超音波検査を行うのは赤ちゃんと妊婦にとって安全で、しかも超音波スキャンは胎児の発育情況を直感的に理解できて、医者が正しいアドバイスと指導を与えることができる。

Bの前を向いて、妊婦は超音波の関連事を理解して、膨満ガスを引き起こしやすい食品を食べないようにして、そしてリラックスして、医者の指導の下で正確な超音波検査を行うべきである。超音波は胎児の健康に影響を与え、検査を拒否して、自分と胎児の健康監視に影響を与えると信じてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です