これらのちょっとした病気は妊娠する前に必ず治ってからでなければならない

現在多くの若者は体が亜健康な状態にあり,病気も深刻でもなく生活にも支障がないため,多くの人は病院に行って治療を受けない。普段はこれらの小さな病気は何もないかもしれませんが、妊娠すると決めたら、病気がある時は必ず早めに治してください。

1、生理痛。

病院に行くのが恥ずかしいので、生理痛のたびに我慢している人もいれば、妊娠してから生理が痛くなったと聞いて、妊娠を楽しみ、治療もしないという人もいます。

子宮異所性或いは子宮の未成熟による生理痛は妊娠と出産による緩和できるが、すべての生理痛が緩和されるわけではない。もしあなたの生理痛が子宮内膜異位によるものだとすれば、不妊症の発生を招く可能性が高い。だから生理痛は必ず先に病院に行って治療して、状況が分からないで妊娠しないでください。

2、鼻炎。

鼻炎は非常によく見られる疾病であり、特に現在空気の質が悪くなっているため、鼻炎にかかる人はます多くなっている。

妊娠した後、胎児の発育に伴い、準母の上半身の器官が圧迫され、その中に肺がある。すると準母は呼吸困難になる可能性がありますし、このとき鼻炎が起きたら、その苦しみがあります。しかも、赤ちゃんの酸素は全てお母さんのもので、準ママの酸素が足りないと、赤ちゃんが酸欠になる可能性があります。

3、便秘。

妊娠を準備するなら、まず便秘を治して、妊娠はあなたの便秘を更に深刻にすることができるためです。赤ちゃんが大きくなるにつれて,準母の胃腸が圧排され,胃の消化食の速度が遅くなり,胃の中に食べ物残渣が残る時間が長くなり,自然便秘がさらにひどくなるからである。

4、水虫。

水虫は小さな病気に見えるかもしれないが,発作時にはかゆみを伴う症状が多く,準母の気分に影響を与える。そして、準母が妊娠中に最も必要なのは良い気持ちと良い睡眠を維持することで、かゆみが夜になると、準母の情緒に影響して、赤ちゃんの発育に影響を与える。

ちょっとした病気に対しては、多くの人が病院で治療したり、家庭の常備薬を使って、担いで行ってしまった。しかし、妊娠を準備している女性には、小さな病気も気をつけましょう。妊娠する前に、必ず病気を治しておきましょう。これは、準母が妊娠中に楽に過ごすことができるようにするためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です