合理的な食事は分娩の苦痛を減らすことができる

妊娠中であっても,準母親の食事が合理的に行われることを知っている。特に妊娠末期の場合、合理的な栄養摂取は、胎児の過剰成長を防ぐことができ、出生時の難産を引き起こし、分娩の苦痛を減らすことができる。そのため、この時の食事は豊富で、量が小さいはずです。

8ヶ月目になると、体の成長が早く、体重もこの時期に増加し、脳、骨、筋肉、血管もこの時期に完全に形成され、それぞれの臓器が発達し始めます。皮膚が強靭になり,皮下脂肪が増えていく。

もしこの時期にお母さんの栄養摂取が不適当あるいは摂取しすぎると、特に高脂肪と高蛋白の食品です。このような食品を多く摂取すると、胎児が大きく成長し、難産を引き起こすことになります。一般的にこの時は多食量を減らし、食事の量を適当にコントロールし、高脂肪や高蛋白質の食品の摂取を避ける。

脂肪性の食品に含まれるコレステロールは比較的高く、過剰なコレステロールが血中に入っている間に、血液の粘稠度が水の上昇を続けています。準母に妊娠毒素があると血圧も上昇し始め,重篤な場合には脳出血などの高血圧脳症が出現する。

そのため、飲食の中であっさりして、少し塩辛いものを食べないように注意しなければならない。毎日の飲食中の塩の含有量も7グラム以下に抑えて、大量の水を飲むのではなく、。

小さくても栄養価の高い食べ物は、動物性食品のような準母の第一選択でもあります。また、サイズが大きく、栄養価が低い食べ物、例えばサツマイモやジャガイモは少なく食べることで、胃の膨満感を軽減すべきだと考えています。特に、十分なカルシウムを摂取することに注意して、準ママはカルシウムを含んだ食品を食べると同時に、ビタミンの摂取にも気をつけなければなりません。

また,十分な良質タンパク質や脂肪酸にも注意が必要である。栄養のバランスに注意し,植物性の油を多く食べたり,食塩の摂取を控えたり,高カロリーの食品を食べすぎないようにしたり,タンパク質を含む豆類製品を食べたりするなど,その他の栄養成分の摂取にも注意しなければならない。栄養の摂取に注意すれば、分娩による苦痛をよく減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です