生まれたばかりの赤ちゃんはどんな検査をしなければなりませんか?

新生児が生まれた後、医師は赤ちゃんに一連の検査をして、赤ちゃんの健康を保障するために、今日はいくつかの子供が生まれた後にどのような検査を行う必要があるかを調べてみましょう。

身体の外観の検査。

子供が生まれてからの身体検査は欠かせません。医師は通常頭から検査を始め、頭の首からゆっくりと両側に展開して、慎重に検査して異常がないかどうかを検査します。自然分娩した赤ちゃんの頭は産道の圧迫を経て、産道の押傷の跡がないかを観察して、また子供の耳の輪郭をつまむ異常がないかを観察して、外耳道に病気がないかを観察する必要があります。

皮膚の検査。

生まれたばかりの子供は皮膚が赤く、子供の皮膚が白くなったり、青になったりすると、胎児が窒息する恐れがあります。これは子供が生まれてから医者が赤ちゃんの尻を逆立ちさせて泣かせる理由でもありますが,これは子供の気管を通気させるために,喉にかかっている羊水や他の物質をむせるためです。

口腔検査。

医師は子供の口を触って、子供の舌、上顎などが正常かどうか、舌根と下顎がつながっていることなどをチェックします。胎児生殖器の検査も無視できず,男児は男児の陰嚢が対称であるかどうか,女児の大陰唇と小陰唇が離れているかどうかを検査し,この検査は赤ちゃんが退院する前にもう一度行う必要がある。

これらの身体の外観の検査を終えた後、医師は聴診器で子供の五臓六腑に問題がないかどうか、心臓、肺、腸などを検査し、赤ちゃんの心臓は成人とは異なるため、心臓はまだ完全に閉鎖していない。そのため、医者は心臓内に雑音がないかよく聞いて、胎児に先天の心臓疾病があるかどうかを確診しなければならない。

黄疸の検査では,一般的に赤ちゃんは生後2,3日後には自然に症状は消失するが,24時間以内に黄疸を認める場合は血液検査を行い,血清ビリルビン値が高く,重篤な場合は光照射治療を受けなければならない。

まとめ:新生児の健康は詳細で、これも子供の健康を考慮して、一部の先天性の疾病はできるだけ早く症状を緩和することを発見して、甚だしきに至っては治愈の機会がある。そのため、親たちは子供の出生検査も重視し、医師と協力しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です