生産検査について:回数が重要ではないので、時間通りにするのがポイントです。

準母にとって妊娠期間の一番重要なことは出産検査です。妊娠週間で基本的に分けます。お母さんはどの段階で何回産検を行うべきですか?

1、妊娠初期

妊娠が発見された時から、準母は病院に行って検査をして、自分が本当に妊娠しているかどうかを確認します。医師は妊娠8週間前後に超音波検査を行うように勧めます。妊娠初期に母が出血、腹痛などの特別な状況がなければ、基本的に1-2回の検査で十分です。

2、妊娠10~17(+6)週間

準母はこの時間帯に産科で初めて診察してカードを作ります。そして初めて検査する項目も比較的に多いです。血圧、体重、尿の常規、胎心率、骨盤測定、膣分泌物検査、心電図検査、血液検査、超音波検査、NT検査、宮高、腹囲など。

3、カードを作った後-24週間

この段階では4週間ごとにチェックします。これを計算すると2~3回ぐらい検査します。毎回いくつかの通常の項目を検査して、血圧、体重、尿の常規、胎心率、腹囲と宮の高等を含みます。多くの特殊項目の検査もこの時期に行われます。例えば、唐氏のスクリーニング、無侵DNA検査、羊水穿刺及び超音波検査などです。

4、24-28週間

この段階では3週間ごとに検査をします。通常の検査項目のほかに、砂糖の耐量とヘモグロビンの検査も増えます。必要な時は甲状腺機能の検査もします。

5、28-34週間

この段階では二週間に一度生産検査を行い、通常検査以外にも心電図、臍血流S/D検査、超音波検査を行い、危険度が高い準母なら、情状を考慮して胎心保護を開始します。

6、34-40週間

準ママは週に一回行うべきです。毎回通常の項目と胎心保護をチェックして、十分月にはB超を再検査します。満月以降はいつでも出産がありますので、出産検査の回数も一定ではありません。

7、40-41週間

この時はすでに出産予定日を超えていますので、三日間に一回生産検査をしたほうがいいです。41週間後に入院しなければならない。

上記の紹介を通して、特別な状況がない場合、妊娠期間全体は大体15回の検査があります。しかし、危険要因やその他の状況があると、生産検査の回数が不安定になります。だから、生産検査の回数だけで生産検査を行うのは厳格ではなく、時間通りに生産検査を行うことが一番重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です