なぜ一部の胎児は出産予定日を過ぎてもまだお盆に入れないのですか?

いくつかの準母が出産予定日の前に子供を産むことができます。また、準母が出産予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれていません。そしていくつかの準母が病院に行く準備をしています。その結果、胎児はまだお盆に入っていないことが分かりました。どうして出産予定日が過ぎても、まだお盆に入れない胎児がいるのですか?

ここでは簡単なコープですが、胎児は羊水と胎膜に囲まれて、頭を下に向けてお尻を下に向けて全身を丸くしている姿勢で出産を待っています。普通は準母が妊娠してから38週3日か5日間の間に赤ちゃんがお盆に入ります。

一部の赤ちゃんは早くお盆に入ります。33-34週間でもうお盆に入ります。いくつかの赤ちゃんの出産が遅くなりますが、胎児の入盆が遅い原因は、胎児の脳に水たまりや羊水が多すぎたためかもしれません。もしかしたら、準お母さんは長く座って仕事をしたり、ソファーに横になったりして、これらの悪い習慣が赤ちゃんを産んで枕の後ろの姿勢を維持するため、遅くお盆に入るかもしれません。

実は、胎児の入盆が遅いのは完全に避けられます。

1、準お母さんはお風呂に入る時、お湯を使って上から下までお腹を流すことができます。これは赤ちゃんのお風呂に入るのにいいです。

2、準母は深いしゃがみ運動や階段を登ることを堅持できます。これは母の安産を助けるだけでなく、胎児の迅速な入盆を助けることができます。

3、もう一つの姿勢は胎児の迅速な入盆を助けます。準母はテーブルに手を当てて、両足を安定して立ってからゆっくりと膝を曲げます。骨盤は徐々に下に移動して、両足の膝を自然に完全に曲げられるようにします。そしてゆっくりと立ち上がって、足を上に上げて、体が完全に伸びるまで漕ぎます。この姿勢は何度も繰り返すことができます。

お盆に入るのが遅い赤ちゃんにとって、お医者さんが必要であれば、準お母さんの特徴に応じて、対応的な改善案を行います。赤ちゃんをよりよく迎えるために、お母さんは準備ができましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です