出産後と授乳中の性生活に関する注意事項

出産後と授乳期間は、比較的敏感な時期であり、前者は出産による身体へのダメージが大きいため、短期間で夫婦生活をしてはいけません。授乳期間は女性の排卵状況が違っていますので、避妊の措置を取るように注意してください。この二つの時期に性生活をするには、以下の点に注意が必要です。

出産後どのぐらいでセックスができますか?

順産の産婦は、妊娠期間全体を経て、子宮は前よりずっと大きいです。だから、出産後は普通6週間で回復する前の大きさが必要です。8週間後に子宮内膜が回復します。通常、子宮内膜は卵巣の機能が回復した後、つまり月経が回復したら、完全に回復します。

ですから、安産後の8週間はできるだけセックスライフに過ぎないようにします。もし産婦の体の回復が遅いならば、性生活の時間を過ぎるのは更に後で遅らせて、体が完全に回復するまで;もし産婦の体の回復が速いならば、6週間も早くなることができません。これはそのため、もし体がうまく調整されていなかったら、産婦は膣炎や子宮頸炎などの病気を起こしやすくなり、今後の体の状態のために隠れた病気を埋めます。条件が許容されていても、衛生状況に注意し、あまり激しくならないようにしてください。膣の裂傷を防ぎ、出血を引き起こします。

授乳中の性生活は何に注意しなければなりませんか?

授乳中の性生活は、避妊がポイントです。一般的には、女性は授乳中に排卵しませんが、個別の現象は排除されませんので、夫婦がセックスをする時は避妊に注意して、再妊娠による不必要な悩みを避けるべきです。

出産後の避妊措置は避妊薬の膜、コンドームと避妊薬の膏を主とします。二つを同時に使うと、妊娠のリスクがより少なくなります。

多くの産婦が授乳中に閉経する現象が発生しました。これは婦人科の病気によくある病気です。原因によって引き起こされます。一般的に閉経は原発性と持続性の2つの状況に分けられます。

原発性閉経とは18歳を超えても月経がない場合を指します。継発性閉経とは正常閉経前(妊娠と授乳期を除く)、閉経が6ヶ月以上ある場合を指します。しかし、これは厳密な意味ではなく、両者の境界線を区別します。この二つの状況が発生する原因にも同じ時があります。

限界はそんなに厳しくないですが、自分の価値があります。先天性の異常により、産後の下垂体が催乳酵素の分泌を急いでいるため、性腺刺激ホルモンが減少し、卵巣の機能が異常になることがあります。しかし、エストロゲンが少なくなり、子宮が縮小し、膣の粘膜が薄くなり、膣壁の弾力が悪くなります。そのため性生活をする時はあまりにも粗暴で誘発する腟が傷を引き裂くことを免れます。

ですから、出産後も授乳中も、セックスをするには注意が必要です。出産後の産婦は自分の状況によって同じ部屋を選ぶべきです。早くても産後6ヶ月を下回ることはできません。もし体がまだ完全に回復していないなら、性生活の時間を延ばす必要があります。授乳期間中に、夫婦は効果的な避妊措置をしなければなりません。一時の不注意から、再度妊娠しないようにしてください。このような計画のない妊娠は手の施しようがないです。流産を選ぶと、女性の体に大きなダメージを与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です