赤ちゃんが幼稚園に行った後によく病気になりますか?

幼稚園に行って、子供にとって、彼らの人生の中の第一のツボと言えます。幼稚園の初期段階では、彼らは多くのものを適応しなければならないので、ある子供は表現が非常によくなります。幼稚園に行ったら、すぐに園内の生活環境に適応して、子供と仲良く過ごします。同じではないです。繰り返します。

では、子供が幼稚園に行ったらどうして病気になりやすいですか?どういう原因で、またどのようにこの状況を遅らせますか?

子供は家庭と周辺の生活環境に対して、体と心理の中ですでに適応があって、突然1つの生活の雰囲気を変えて、よく知らない環境、よく知らない人、いずれも子供の精神と心理を極度に緊迫(緊張)させて恐れさせて、これは子供の体の中のその平衡の時計をかき乱して、子供の気持ちは極めて大きい変動を受けることができて、しかもこの時に子供の免疫システムの発育のも未熟で、抵抗力が低下すると病気にかかりやすいです。同時に子供が多いので、ウイルスや細菌も増えますので、病気は避けられません。

以上の原因で病気になる以外に、病気の原因にもなります。

1、偏食、野菜嫌い、偏食偏食の子供が多いため、栄養成分が全面的に吸収されず、貧血や抵抗力が低下します。

2、一般の親は子供が昼間学校でよく食べられないと心配しています。だから、夜は食事を追加して、子供に肉や油などの精製食品を食べさせます。夜に食べ過ぎると子供の消化不良になり、睡眠に影響を与えます。

3、子供は寝る前に乳を飲み、歯磨きやうがいをしないと、口内の細菌が大量に繁殖し、気道感染を起こしやすくなりますので、乳を飲んだら歯を磨いたり、口をすすいだりします。

4、睡眠は子供の健康にとって非常に重要です。十分に睡眠をとって、質の良い子供が育つといいです。それでは睡眠の質がよくないです。そして十分でないと、長い疲れも子供の病気にかかりやすいです。

幼稚園に行って子供が少なく病気になりたいです。普段は栄養バランスに注意して、十分な睡眠をとり、衛生的な習慣を身につけて、決められた予防接種は時間通りに接種します。園内の管理も強化しなければならなくて、ふだん園内の消毒の仕事に注意して、室内は定時に風を通します。もし子供が病気が頻繁だったら、半日幼稚園に通って、ゆっくり適応してから一日を過ごします。

湿疹、アレルギー性鼻炎、喘息などの病気の子供に対して、このような咳は感染とは限らなくて、アレルギーを引き起こす要素を回避することに注意します。風邪は子供にとって、一年に六回を超えない限り、たいした問題ではありません。逆に風邪の過程で完璧な免疫システムを目指しています。六回を超えると重視されます。

予防方法もあります。

子供が幼稚園に行く前に病気になりたいのは、心理的に環境に慣れていないからです。だから、両親は子供が幼稚園に行く前に、いつも子供を幼稚園の外に見て、子供がどうやって朝の体操をしていますか?子供たちが多くて、多くの新しい友達を知ることができます。そして、先生は彼らに歌や踊りを教えます。このように彼らの心理を早めに環境に適応させて、慣れない環境による恐怖を減らして、早く適応できない段階を乗り越えるように助けます。

同時に家にいる時、お母さんは子供に何か大胆な表現が必要ですか?先生は勇敢な子供が好きです。「先生、水を飲みたいです。」「先生、おしっこをしたいです。」と言ってください。水を飲むと病気が減ります。おしっこを防ぐことができます。他の便利さは体のどこが悪いのか、子供に先生に伝えてください。そうすれば、先生が保護者に知らせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です