出産後に必要な5つの検査

出産後は喜びを流さないようにしてください。出産の過程は順調ですが、一部の女性は後遺症があります。これらの後遺症は直ちに発見し、早めに治療する必要があります。必要な、絶対にやるべき五つの検査を紹介します。

一、切り口

分娩の時に外陰切開術を行ったり、力を入れすぎて引き裂いたりすることがあれば、傷口を検査するのが一番大切です。大部分の傷の問題は出産の10日間以内に発生します。分娩後に自分の傷口が赤く腫れていたり、痛みがあったり、異常な液体が流出していることがわかったら、すぐに医師に相談してください。帝王切開の手術をするなら、産後二週間ぐらいで初歩的な検査をして、六週目に一度再検査をします。

二、子宮、卵巣、子宮頸

なぜこの検査が行われたのかを不思議に思わないでください。この検査はあなたの生殖システムが産前の状態に回復することを保証するためです。つまり子宮は拳の大きさに回復します。また、子宮に炎症があるかどうかを確認するためには、卵巣内の細胞を抜取検査して、卵巣の様子を観察する必要があります。

三、乳房

あなたの乳房は妊娠中と出産後に多くの変化を経験するので、医師にこの過程で問題があるかどうか確認させることが大切です。先生はまず乳房を全面的に検査して、いくつかの腫れがあるかどうかや乳腺があるかどうかを調べます。これらの乳腺の腫れは乳腺炎を招きやすいです。乳腺炎は細菌が乳腺の中で詰まって炎症を起こします。このような炎症を患うと、炎症を起こしたところや近くに赤みや発熱のような症状が現れ、さらに風邪のような症状が出る可能性があります。例えば、筋肉痛や発熱などです。

四、全体的な健康

すべてのお母さんは妊娠が自分の体の各部分の機能に対してすべて異なっている影響を生むことができることを知っていて、だから全体の検査もとても重要です。でも、あまり緊張しないでください。これは普段の検査と大差ないです。血液測定、体重、動悸、胸腔検査の項目なども含まれています。これらの検査を経て、お医者さんはあなたの具体的な状況によって栄養剤と産後の看護を補ってくれます。

五、心の健康

産後の心の健康と生理の健康はとても重要で、多くの新しいお母さん達は他の人を必要として彼らに一体どのように良いお母さんになるべきですか?そのため、産後のうつ病になるのではないかという問題に注目する女性が増えていますが、この病気にかかると自殺などの深刻な結果になりかねないので、この重要な検査は見逃せません。

出産が終わったのは妊娠の過程の終わりではありません。あなたの体が産前の状態に回復するまでは、本当に妊娠の全過程を出てきたと言えます。だから女の人は自分を損ってはいけません。出産後は直ちに自分の健康に関心を持ち、必要な検査をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です