新生児の体の4つの部位は醜ければ醜いほど健康的です。

新生児はきれいではなく、よれよれで白い肌をしており、大きなおなか、目が腫れ上がり、頭がでこぼこしている。しかし、この新生児は醜くなればなるほど健康であることが分かった。!特に身体の4つの部分は宝のお母さんに注意して観察していますか?

一、鼻が大きいです

米国のある大学では新生児の鼻が大きいほど有害なウイルスを予防する能力が高く、ほこりなどが他の子供より少ないという研究結果が出た。これは鼻の大きさが子どもの呼吸状況に影響を与え、鼻の翼が広く、鼻の高さ、子どもの呼吸器が発達し、呼吸の空気の量が大きくなり、息が短く、息切れする場合が少なくなるからだ。

二、耳が大きい

耳が大きすぎてデリケートでなく、みっともないと感じる人もいますが、赤ちゃんの耳は大きいので、子供の耳道の得られる音ははっきりしていて、老衰で聡いことができない确率を下げます。生物医学の専門家であるホルム博士は、理論的には外耳の輪郭が大きいほど人の耳がよく聞こえると説明する。音波を収集する面積が広いためだ。

三、太股が太い

デンマークでは最近、12年にわたって行われた研究の結果、太ももの周りの長さは、心筋の重さに比例することがわかった。また、太ももの肉は健康な肉で、破壊されれば、脂身はある物质を放出して、心血管とインスリンの机能に影响を与える。

四、足の指が短い

足の指が長くなればなるほど、運動する時に使うエネルギーが増えて筋肉の負荷も増え、瞬発力や持久力も悪くなる。足の指が短く、節約したエネルギーを他の臓器に提供する。

ですから、お宝のおふくろの皆様は、新しく生まれた赤ちゃんがみっともないと思うのではなく、かえって健康的です。また、子どもが大きくなるにつれて、皮膚や五感などが開いていき、赤ちゃんが生まれるときとは大きな違いがあります。赤ちゃんの4つの部分を観察して、赤ちゃんがもっと强くなるかを见ることを覚えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です