新生児の外出にはこだわりがあります。

私たちはよく公園などで赤ちゃんを連れて太陽に当たるお母さんたちを見ます。赤ちゃんを連れて新鮮な空気を吸ったり、新しいことを見たりするのはいいことですが、知っていますか?新生児にとって外出にもこだわりがあります。

1、この時間は外出できません。

生まれたばかりの赤ちゃんの体温は大人と違って、大人より少し高いです。しかも彼らは小さすぎて、温度の調節メカニズムが足りなくて、体が比較的に弱くて、周りの環境と病気の影響を受けやすいです。ですから、十分な月の赤ちゃんがいないので、お父さんとお母さんは彼を連れて出かけないほうがいいです。

早産の赤ちゃんや体質の弱い赤ちゃんにとっては、満月以外にも、体が整えてから出かけます。子供は体が弱いので、外のどんな影響でも赤ちゃんが病気になる可能性があります。

2、外出の時間は季節によって決めます。

寒い冬で、十分な日光がない場合は、赤ちゃんを連れて外出することを勧めません。太阳が出たら、短い子供を连れて出かけます。温度が低すぎると、子供の体が耐えられなくなります。

暑い夏だったら、朝10時前と午後4時以降に赤ちゃんを連れて出かけてもいいです。また、夏の日差しは特に強いので、赤ちゃんの目に直射日光を当てないようにしてください。

春か秋なら、天気がよければ、いつでも子供を連れて出かけられます。しかし、この2つの時間帯はウイルス性感染症の多発期でもあります。子供を連れて外出するなら、保護に注意して、できるだけ人が多いところに行かないようにしてください。

3、出かけるものはちゃんと準備してください。

赤ちゃんを連れて散歩に行く時、必要なものは必ず携帯してください。例えば、日傘、子供用日焼け止めクリーム、コートなど、赤ちゃんを紫外線から守ることができます。

お父さんとお母さんは赤ちゃんを連れて公園に行くようなところを選ぶことができます。ここは空気が新鮮なので、赤ちゃんの体にいいです。人が多いところに行くのを避けて、見知らぬ人と赤ちゃんとのふれあいを避けます。赤ちゃんの年齢が増えるにつれて、外出の時間も増えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です