このようにすれば子供がもっと賢くなります。

子供をお年寄りに渡す時、お年寄りは子供の手をこすりたり、子供の足を触ったりするのが好きです。迷信だと思わないでください。これは科学的根拠があります。

1、なぜ手を洗うと子供が賢くなるのですか?

人の手には多くの経絡があり、触感によって身近なものを感知し、触感を脳にフィードバックすることができます。子供の手のひらをこすることで、子どもの脳の発達が促進され、指をしゃぶることで、脳の発達を促進する効果があります。だから、お父さんとお母さんが子供が指を吸っていることを発見した時、軽率に中断しないほうがいいです。子供が吸い終わった後、或いはタイミングを見て、子供の指を綺麗な乳首に変えてもいいです。子供の手にふわふわしたおもちゃを持ってもいいです。これらは全部子供の指の柔軟性を鍛えられます。

お父さんとお母さんは自分の手と子供の手を一緒に置くこともできます。あるいは子供に自分の指を一つ握らせて、子供の指の柔軟性を鍛えます。子供の指に対する触覚によって、子供の大脳皮質を刺激することができます。つまり、手のひらをこすると、子供の知能の発育が速くなるということは、なぜですか?

2、なぜ足を触ると子供が賢くなるのですか?

これは漢方鍼で表現できます。頭と背中の鍼以外に、足も鍼の重要な部位です。すべての人の足には多くのツボがあります。お父さんとお母さんは子供の足の裏を刺激することによって、子供の体をより健康にするだけでなく、子供の知能の発育を促進する役割も果たします。

普段、お父さんとお母さんは子供の足の裏をたくさんかいて、子供の反応をもっと敏感にします。また、子供の神経系統の協調作用を促進します。しかし、お父さんとお母さんは子供の足を掻く時も適切な力を身につけてください。ある子供は足の裏が敏感かもしれません。子供を激しく笑わせないでください。

ここで注意しなければなりません。お父さんとお母さんが子供の手をこすったり、足を触ったりする時、爪が長すぎて赤ちゃんの柔らかい肌を傷つけないようにします。寒い冬や気温が低い時は、手のひらをこすり合わせて温めてから赤ちゃんをなでます。風邪を引かないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です