子供が生まれたら治療できます。信用できない

生理痛は多くの女性を悩ます症状の一つで、生理痛のある女性は正常な生活や健康にも影響します。子供を産めば生理痛が治るという人が多いと聞きました。このような言い方はいったいあてにならないのか?両者の間には結局必然的な連絡がありますか?

生理痛は原発性生理痛と持続性生理痛に分けられます。大多数の少女の生理痛は原発性生理痛です。原発性生理痛は、一般的に初潮から痛いです。青少年の時期には人体の神経内分泌システムがまだ発達していないので、内分泌も規則的ではなく、子宮の角度が過度に前傾したり、過度に傾倒したりすると生理痛を引き起こすことがあります。この生理痛は女の子の発育と成熟につれて、特に結婚出産後、人体の神経調節システムが次第に安定してきました。

既婚女性の生理痛の多くは後発性生理痛で、腰痛、発熱、月経量の増加、下腹部の痛み、体温の上昇、月経色は薄い茶褐色などの症状があります。この生理痛の痛みはますます強くなります。痛みも長くなります。ひどい時には吐き気や嘔吐、下痢などの症状が現れます。後発性の生理痛は、子宮後位や骨盤内腔炎、子宮内膜症など他の疾患によるものが多いです。

いくつかの女性は出産によって生理痛が緩和され、女性の生理痛の症状が完全に消えることもあります。これは女性が出産して子宮の中のいくつかの前立腺細胞受身点を取り除いたからです。プロスタグランジンは様々な機能を持つホルモンで、その中に子宮を運動中に収縮させる機能があります。これも生理痛を引き起こす元凶の一つです。しかし、女性の生理痛と結婚出産は必然的に関係がありません。

だから、女性は盲目的に信じてはいけません。結婚して出産すれば、生理痛が治るという説があります。生理痛を治療するには、必ず病気の原因を探して、病状に応じて治療しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です