妊娠期間は適当な同居が胎児に有利である。

妊娠はすべての女性にとってとても重要で、その上もとりわけ注意して、油断して胎児の正常な発育に影響したことを恐れます。例えば妊娠中は厳格な禁欲が多くの夫婦の問題になりますが、実は妊娠中は夫婦で性生活を行うことができます。適時であれば、胎児に有利です。

1、胎児の発育を促進する

妊娠中の同房は子宮の環境を効果的に改善し、胎児の発育を促進します。同時に準母の体を動かして、興奮させて血行を促進させ、胎児に栄養供給を向上させることもできます。

2、子宮の環境を改善する

妊娠中期になると、胎児の状況は安定しています。夫婦が同居する時の振動は赤ちゃんに不快感を与えないだけでなく、赤ちゃんを興奮させることができます。胎動は胎児の興奮の表れのように、胎児の健康成長に有利です。妊娠中期に同室する時、準母の体は生理的に興奮する同時に、子宮も少しの縮むことを生んで、同時にまた体内のホルモンのレベルを改善することができます。

3、ママの気持ちを落ち着かせる

妊娠中、準母の気持ちはとても緊張しています。どこが悪いのか、それとも悪いのかを心配しています。大きな圧力の下で、多くの準母は焦慮、鬱憤などの心理問題が現れて、続いて体内のホルモンの分泌に影響して、体に次にマイナスのフィードバックが現れさせます。適切な同室は準母の気持ちを和らげることができるので、妊娠前の楽しい時間を温めることができます。

でも、ここで注意しなければならないのは、すべての準母が妊娠中にセックスライフを望んでいるわけではなく、ある準母が心理的または生理的に何らかの理由で彼女たちを同室させたくないということです。このような状況では、妻を無理強いしてはいけません。そうでないと、プラスの効果が得られないだけでなく、母と胎児の健康に影響を及ぼす可能性があります。

一般的には、妊娠中期と準母の体調が安定している時だけ夫婦生活ができます。もちろん一番大切なのはやはり母の本心を確認することです。同時に、準パパも同じ部屋の力をコントロールするように注意してください。正確なお母さんのお腹を押さえつけてはいけません。時間がかかりすぎないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です