妊婦に良いおやつ

妊婦が食事に出たら、少しの間食をすると栄養を取る方法が増えると思います。妊婦はどんなお菓子を食べたらいいですか?専門家の提案:妊婦の一番いいおやつは天然で有機的で吸収しやすいです。専門家は以下の3つを勧めています。

1、ひまわりの種:ひまわりの種、カボチャの種とスイカの種は最も一般的です。妊婦は多くカボチャの種を食べて腎臓の結石病を予防します;漢方医はスイカの種性の味の甘寒を思って、利肺を持って、腸を潤して、止血して、健やかな胃などの効果;ヒマワリの種は飽和していない脂肪酸を含んで、コレステロールの作用を下げることができることができます。

子はすべて脂肪、蛋白質、亜鉛などの微量元素と多種のビタミンに富んで、消化機能を強化することができて、カボチャの子は栄養が更に全面的で、蛋白質、脂肪、炭水化物、カルシウムの鉄、燐、カロチン、ビタミンB 1、B 2のニック酸などがあるべきです。。

また、メロンの種をかじることは、消化システム全体の活動を促進し、食前や食後に妊婦がスイカの種をかじることで、消化液の分泌を促進し、消化と吸収に非常に有利です。だから、食事の前に瓜の種を食べて食欲を促進することができて、食後に瓜の種を食べて消化を助けることができます。

2、酸食:酸性食品は妊婦の食欲を促進し、消化にも役立ちます。また、腸内の鉄分は酸味食品に吸収され、母子双方にも良いです。

しかし、妊婦はむやみに酸味の食品を食べてはいけなくて、きっと厳かに選択して、例えばトマト、ヤマナシ、ヨーグルト、サクランボ、ブドウ、柑橘類、リンゴなどは酸っぱい佳品を補うので、妊婦は多く食べなければならなくて、サンザシの酸性のあまりに刺激する食品は食べない方がよくて、それが子宮収縮を刺激することができるため、流産のリスクを招きます。それ以外に、人工の塩漬けの酸っぱい野菜、酢の製品は口に合いますが、しかし養分は多く破壊があって、しかも亜硝酸塩などの発ガンするものも多くて、妊婦は食事しないでください。

3、バナナ:カリウムの最も良い源はバナナで、カリウムは血圧を下げて、心臓と血管の内皮を保護する作用を持って、これらの作用は妊婦にとって非常に有利です。バナナも豊富な葉酸を含んでいますが、体内の葉酸と亜葉酸とビタミンB 6の貯蔵は胎児の神経管の正常な発育を保証しています。

ただし、バナナは栄養価が高いわりには、腸を潤す作用があり、胃腸が悪いと下痢をしている妊婦は病気が重くなるので、下痢をしている妊婦はバナナを食べるには不向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です