この3つの時間は子供を教育するのによく逆効果になる。

やんちゃはすべての子供の天性です。日常生活で子供がミスをするのは非常に正常なことです。大人でもミスをすることがあります。子供はなおさらです。しかし、子供を教育するには、場と時間が必要です。そうでないと、逆効果になるだけです。

1、子供が食事をする時に教育する

正しい時間に正確なことをしなければならない。しかし、いつも子供が食事をする時、子供を批判したり、教育したりする親がいます。これらのやり方はとてもいけないです。教育の意味がないだけでなく、子供の食欲にも影響します。消化不良が現れやすいです。子供が特に興奮すると、食べ物にむせやすくなります。

2、子供が過ちを認めた後に教育する

ある子供は非常に話を聞いて、自分が間違っていることを知ったら、すぐに両親と謝り、そして自分の間違いを認めます。しかし、頼りないのが好きな親がいます。過ちを繰り返して子供を刺激しています。これによって、子供に過ちに対する印象を深めて、次のミスを繰り返さないようにしたいです。

しかし、このようなやり方はいけません。教育の意味がないだけでなく、子供に錯覚を起こさせます。自分から過ちを認めても、親は自分を責めます。

3、子供の放課後の教育

科学技術の進歩に従って、今子供達は学校での一挙手一投足で、お父さんとお母さんは携帯電話で完璧に受け取りました。だから子供が学校でミスをしたら、お父さんとお母さんはすぐに分かるようになります。子供が学校が終わったらすぐに批判と教育をします。

しかし、親のこのようなやり方は子供の心を傷つけ、家に帰ることに抵抗を感じさせ、学校の生活に飽きさせます。子供はまた自分がいつまでも親の監視下にいないと感じて、圧力を感じます。

だから、両親は子供を教育する時、方式と方法に注意して、正しい時間に正しいことをしてこそ、半分の努力ができます。もっと多くの教育は子供にとって無駄であり、さらには何の意味もありません。そのため、この3つの時間帯では子供を教育しないほうがいいです。これが一番つまらないです。逆効果になりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です