35歳になったら、子供を産みます。注意が必要です。

二児政策の開放に伴い、年長者の産婦数は次第に上昇しています。特に35歳以上の母。このような傾向の下で、35歳を過ぎても出産したいという準ママは定期的な検査と評価を行います。出産前にはどのような具体的な準備が必要ですか?

1、妊娠前卵巣検査

多くの人が第一子を出産した後、経済的な圧力が大きいか、タイミングが悪いかなどの理由で、第二子を何年も延長します。また、出産は焦らず、何年か遅れてもいないと、試験管ベビーができないという人も多いです。

しかし統計的なデータを見ると、年齢が上がるほど卵子の質はますます活気がなくなって、それによって出産率も低くなり、相対的な危険性も増加します。したがって、二胎を出産したい高齢のお母さんにとっては、妊娠準備前に卵巣の検査をしなければなりません。これは妊娠に役立ちます。

しかし、年齢のわりに若い女性の卵巣が現れていることもあります。女性の出産能力は年齢とリンクしています。年齢が大きいほど卵巣が老けてきます。

2、妊娠期間スクリーニング

妊娠中のリスクを減らすためには、妊娠中の検査を必ず行います。特に、高齢の母にとっては、成功妊娠は第一歩で、後のステップは非常に重要です。例えば、唐氏症候群、妊娠中高血圧などのリスクは、妊娠前に予測できず、逆に妊娠6ヶ月後に検出されます。

だからもし準母が妊娠20週ぐらいで突然吐き気がして、四肢の水腫の情況が現れたら、適時に病院に行って検査したほうがいいです。高齢の準母にとっては、各検査が正常であれば、後期出産の安全性も増す。

もちろんこれだけ言っても、多くの高齢者の母親はさぞびっくりしたでしょう。でも、心配しないでください。高齢准のお母さんは出産の質を高めたいなら、妊娠準備の時に抗酸化食品を多く食べて、同時に真剣に時間通りに検査をして、これらはすべて一定の予防作用を果たすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です