心拍数は性別と関係がありますか?

多くの準ママは妊娠中に赤ちゃんの胎心を研究しました。特に胎心については男女の判断ができます。ある人は胎の心拍数が150以上の人はきっと女の子だと言っています。140以下の人は男の子の確率がもっと高いです。

普通は妊娠2~3週間の時に胎児の心臓が現れます。この時に胎児の心臓が動き始めます。音は非常に弱いですが、追跡しにくいです。8-10週になったら、産検の時に完全な胎心が見えます。医師は器具を使って胎児に胎心があるかどうかを分析することもできます。妊娠12週になると、胎児の動悸が聞こえます。つまり、私たちがよく話している胎心です。準母が妊娠して15週になると、専用の器具を使って胎心を聞く必要があります。妊娠初期に胎児が妊娠していないことが判明したら、流産手術をして妊娠を中止します。

正常な情況の下で、胎心率は毎分の120-160回で維持するべきで、胎児が眠る時胎心は遅くなることができて、胎児がはっきりしている時胎心は速くなります。160回を超えると、120回を下回るとさらに危険です。胎児には酸素欠乏の症状があるかもしれません。

タイヤの心に影響する要素は何がありますか?

1、性別による心拍数の違いは大きくありません。

普通の情況の下で男の子と女の子の数値の違いは大きくなくて、特に妊娠の5週間の時、男の子と女の子の胎心率はほぼ一致しています。約1分間に80~85回鼓動しますが、妊娠中期になるとまた心拍数が下がります。

2、胎児の状況が異常であると、心拍数に影響があります。

胎心は交感神経と迷走神経の共同調節を受けています。心拍を測定することによって胎児の生理活動状況を知ることができます。胎児に酸素供給が不足しているかどうかを判断します。正常な胎児の心拍数は120~160回で、もし胎児が10分間連続して胎児の心拍数が高すぎたり、低すぎたりしたら、胎児の体に問題があると説明します。

だから胎心は男女の言い方を見て科学的ではありませんて、赤ちゃんの胎心が更に多くの要素の影響を受けることができるため、もし胎心の回数だけに頼るならば胎児の性別を判断することができません。しかし、胎児の正常な発育を確認するためには、胎児の検査手順も重要です。特に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です