分娩で急産したらどうすればいいですか?

普通、準母の規則的な子宮収縮から胎児の誕生までは少なくとも16時間がかかります。この生産距離が10時間ぐらいに短縮されると、一定のリスクがあります。もし生産時間が3時間未満なら、それは緊急生産であり、特に危険なことです。

急産では、赤ちゃんが生まれてから酸欠や臍帯感染、脳出血などの症状が出る恐れがあり、産婦も産後に大出血を起こしやすいということです。

では、どのような産婦が急産しやすいですか?

1、妊娠は早すぎて、18歳より早いです。妊娠は遅すぎて、40歳より遅いです。

2、流産または出産経験がある。

3、出産前に通常の生産検査を経ていないので、適時に胎児の異常状況を発見していないと同時に、母の子宮収縮力が強いです。

4、準ママは産前に大量の運動をして、体に疲労が生じる場合があります。

準母が出産前に急産したら、きっと冷静になります。また、これらの救急のポイントを参考にして、生産時の混乱を避けることもできます。

1、呼吸する時は口を開けて呼吸し、力を入れて息を止めないで、自分の呼吸がスムーズになるようにします。これは非常に重要です。呼吸がスムーズに行われてこそ、後続の生産がスムーズに進むことが保障されます。

2、各種の交換道具を用意します。例えば、きれいな綿布、消毒のはさみ、アルコールなどです。アルコールがないなら、度数の高い白酒を使ってもいいです。つまり、赤ちゃんの突然の誕生を防ぐことです。

3、赤ちゃんの頭が露出し始めたら、両手で頭を支えます。この時は無理に引っ張らないでください。または勝手にねじってください。赤ちゃんの肩が露出した時に、両手で頭と体を支えて、赤ちゃんをゆっくり外に出します。また、胎盤の自然発生を待ちます。

4、赤ちゃんをきれいな綿布で包んで、同時にきれいで柔らかい布を使って、口と鼻の中の羊水をきれいに拭きます。臍帯を短く切らないように注意してください。胎盤は赤ちゃんより高いところに置いてください。

緊急生産の状況に遭遇したら、必ず家族に応急手当をしてもらいながら、すぐに医者に電話してください。出産後、赤ちゃんとお母さんは直ちに病院に行って専門の治療を受けることができるように保証します。もちろん、このような状況を避けるためには、産前検査が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です