粉ミルクに使われない5種類の水。

乳は毎日必ず摂るものです。生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの母乳が足りないと、粉ミルクの問題につながります。いくつかの大きな赤ちゃんにとって、粉ミルクはもっと乳類の主要な源かもしれません。でも、お母さんたちは本当に粉ミルクを入れることができますか?粉ミルクの水もこだわりがあって、粉ミルクに使うことができない5種類の水があります。

一、煮沸を繰り返す水

繰り返し煮沸した水は水分が蒸発する時より高い硝酸塩と亜硝酸亜を生んで、この2種類の物質は体に対して有害で、たとえ成人ですとしても飲むことを免れて、更に赤ちゃんに粉ミルクを洗うことに適しません。

二、フィルターの浄化水

家の中のフィルターは定期的に洗われたり、検査されたりしてはいけません。中には細菌がたくさん発生しやすいので、赤ちゃんに粉ミルクを入れないでください。

三、ミネラルウォーター

天然のミネラルウォーターに含まれているナトリウムや他のミネラル、あるいは明後日に添加されたナトリウムや他のミネラルは赤ちゃんの腎臓に負担がかかりますので、粉ミルクの水源としてはよくありません。

四、置きすぎの水

水が長期的に放置されると、中の硝酸塩は亜硝酸塩に転化するので、保温壺の中で12~24時間を超える水は赤ちゃんの粉ミルクに使うべきではないです。

五、硬水軟化器で処理した水

家庭には家庭用硬水軟化器があります。水の中のカルシウムやマグネシウムプラズマをナトリウムで置き換えることで、水の中のナトリウムが過剰になり、赤ちゃんの腎臓に負担がかかります。

以上の5種類の水は赤ちゃんのために粉ミルクを入れることを勧めません。煮えたぎる水を繰り返したり、長く置いたりすると、大量の亜硝酸塩が発生し、赤ちゃんの体にダメージを与えます。

フィルターや硬水軟化器で処理した水から粉ミルクを使うと、水の中のナトリウムが過剰になります。ミネラルウォーターも赤ちゃんに粉ミルクを入れることを勧めません。中のナトリウム成分は赤ちゃんの腎臓に負担をかけます。粉ミルクは赤ちゃんが毎日必要な食品です。だから、きれいで衛生的な水を選んでこそ、粉ミルクの中の栄養が最大の役割を果たします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です