夏の赤ちゃんの飲料水は適度にしてください。

水中毒とは、長期的に水を飲みすぎたり、短期間に尿や汗を借りて余分な水分を排出しなければならないが、水分の排出に伴って人体の電解質が希釈され、血液中の塩分量が減少し、中毒を引き起こすことがある。赤ちゃんの体は比較的に弱くて、夏季に更に水の適度さに注意します。

6ヶ月以下の赤ちゃんは母乳や調合粉ミルクを飲めば十分です。その中に含まれている水分と栄養はすでに赤ちゃんのすべての必要を満たしています。一般的には余分な水分を必要としないので、無理にミルクを薄めないようにします。

しかし、ある両親はこのような誤解があります。それは赤ちゃんがのぼせることを心配しています。だから、ミルクをあげてから、赤ちゃんにたくさんの水を飲ませます。実はこのような方法はかえって赤ちゃんの授乳量を減らして、栄養の吸収に影響します。

6ヶ月未満の赤ちゃんは腎臓の発育がまだ完全ではないので、飲みすぎると余計な水分を排出しながら余分なナトリウムも排出されます。ナトリウムの流失は脳の活動に影響を与え、赤ちゃんが水中毒の初期症状を引き起こし、さらに痙攣や驚きが現れます。この時は直ちに治療しなければなりません。

赤ちゃんは六ヶ月以上になると、補助食の添加状況によって飲む水の量を決めます。乳を飲むのがまだ多いなら、少し米粉を添加すれば、赤ちゃんの水分は十分に吸収されます。余分な水分を補充すれば、少なくなります。もし赤ちゃんが固形の食べ物を主とするならば、同時に比較的に乾燥して、多くいくつか水をプラスすることができます。

毎回赤ちゃんが食べ終わった後で、彼に1~2杯の白湯を飲むことができて、大体15-30 ml、このようにすると赤ちゃんの口腔をきれいにすることに役立ちます。普通、赤ちゃんは一歳になると自分で水を飲む量をコントロールできます。

水を飲む習慣を育てるのも、水を飲む習慣を身につけるためです。水を飲むのは習慣です。本当に喉が渇いてから水を飲むと、もう水が足りないということです。飲み過ぎると中毒になることもあるので、赤ちゃんの飲み水は適度に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です